絵の道場

初心者が仕事の傍らに絵を描くブログです!

実家に帰省してくる~一年ぶりの故郷(その3)

お疲れ様です!

寒い日が続きますね!あーさむっ!

どうも、へんぺー丸です^^

 

昨日、一昨日嬉しい事があり、自身のブログ。

こういうブログやってるよーっていうのをラップグループ内のメンバーに2人に紹介

したら、「おもしろそう!」ってことではてなブログ活用していただきました

 

あざす!!w

最後にURL載せて紹介するので、そちらも見てみてください^^

 

 あっという間に時間が過ぎ、三日目に突入。

今回は家族具と過ごすのがメインです!

自分語り喜劇スタートですb

 

前回のあらすじ

----------------------------

おかんのだし巻き卵うまいわぁ

 

あんた顔疲れてるで?

マジ!?

 

久々の大学時代の仲間に再開。

--------------------------------

 

久々の再開の大学時代の仲間との再開後、弟にバイクを乗せてもらい

、帰宅すると見慣れない犬が一匹。

 

f:id:kokuuhma154:20170122020336j:plain

へんぺー丸「え?誰!?」

 

おかん「気が付いたか!かわいいやろ?お利口から取って、りこちゃんや!」

 

へんぺー丸「りこちゃん!?え?じゃなくてw犬一匹飼ってるやん!何でもう一匹増えてるねん!」

 

f:id:kokuuhma154:20170127160613j:plain

おかん「どうしても可愛くて一匹、買ったんや!」

そう私の家では、このりこちゃん?という名犬ラッシーの犬種の他に

ミニチュアダックスフンドを飼っている。

 

それは高校からいたので知っているが、この一年いない間に

何があったというのだろうか。どうしてしまったのだろうか。

 

まーオレという、うるさい奴が抜けて飼ったのだろう。

止める義理、怒る義理も特になしと言う気分になったので、突っ込むのをやめた。

 

へんぺー丸「まぁ...えっか。んーよう見ると可愛いじゃないか!」

 

おかん「標準語きもちわるっ!」

 

その後、見かけのガキ使いを見て眠りについた。

 

おかん「おーい!飯食いに行くぞー起きろ―!」

あぁー眠いー。

今何時やろうか。

 

11時半かーまだ寝れるな。

あぁーやっぱ誰かがいるっていいなぁ。

仕事辞めたらこの生活が続くのかー。

 

あーってか、オレ辞めたんやっけ?

そっかー辞めたからしばらくはゆっくりできるわ。

寝よ。

 

おかん「いつまで寝てるねん!飯行く言うてるやろ?それと寝言は寝てから言え!」

おかんが目の前にいた。

 

あー寝てたわ。

時刻は12時半

 

へんぺー丸「いや...寝てたから言うてたんやろw」

 

おかん「それもそうかwほな、行くで!親父もいるし!」

支度を済まし、弟含む4人で車に乗り出かけるのであった。

 

親父「もうあれやぞーお前も若いし、やり直しはできるから、こっち帰ってゆっくり探したら?」

 

そっかーオレ仕事辞めてなかったのか。

どうやら軽い夢を見てたようだ。

 

へんぺー丸「働いて2年しかやってないけど、大丈夫なん?」

 

親父「むしろ、長引けば不利になるで?」

 

おかん「せやねん、何回も言うてるねんけど、全然わかってへんねん。もっと言ったって」

 

相変わらずの懐かしい会話を繰り広げている。

おかんの「もっと言ったって」いつも、おとんとオレとおかんで話すときの

毎度の件である。

 

隣にいる弟はスマホでゲームしてイヤホンしている。

なんて、辛気臭いやつなのだろうか。

 

これから行くところは、おかんのおすすめの場所らしい。

海が見えて、おしゃれなレストランとのこと。

 

レストランと言うやつは海沿いにあり、確かに海の見える

こじゃれたレストランであった。

 

f:id:kokuuhma154:20170127160411j:plain

車を駐車場に止め、店内に入る。

 

店員に人数を伝えると、4人席のソファーに案内され、

ソファーに腰掛ける。

 

快適!

 

おかん「なぁ!言ったやろ?いい店って!」

席に座って自慢気に話すおかんを立て、

駆けつけた店員に注文する。

 

へんぺー丸「きのこのクリームリゾット1つ!」

空いていたこともあり、注文したご飯はすぐに出てきた。

 

へんぺー丸「うっま!」

 

おかん「なぁ!言うたやろ!いい店って!」

 

弟「さっきもいうたやんそれw」

まーそれがおかんですよ、弟君。

 

食後のジュースを飲む。

 

へんぺー丸「あーミルクティうま!」

 

親父「すきやなぁーミルクティ」

好きっすねー。

お茶が大好きです。

 

おしゃれな店を出て、弟の希望でレッドバロンバイクショップ)

へ行くことに。

 

バイク持ってるヤーン!

その傍ら、店員とオフロードバイクについて楽しそうに話している弟。

 

普段はコミュ症のくせにこういう時はコミュ症克服するんだよなぁー。

関心だ。

 

家に帰るとちょうどいい時間18時くらいになり、鍋を囲って

カニを食う事に。

 

カニを食べるときは真剣で、無口になる。

アニメクレヨンしんちゃんではカニの取り合いの心理戦を

繰り広げていたが、我が家庭ではカニをそれぞれ分けて食べると言う平和主義。

 

 おいしく頂きました。

 

弟「そういえば、兄貴、バイクで北海道いきたい言うてたけど、本間に行くん?」

 

へんぺー丸「いきたいなぁーけど、仕事柄厳しいけどなんで?」

 

弟「いやーオレも行きたいから、一緒に行けるなら行きたいなって」

 

へんぺー丸「んー気持ちは嬉しい。中々そういういてくれる奴おらんからなぁー行くとしたら仕事辞めなアカンわ」

 

おかん「仕事辞めていってきーや!」

 

へんぺー丸「せやなぁー仕事辞めたら旅行もいけるし、色々できることいっぱいあるなぁ」

 

確かにそうだ。

一人暮らしではあるけど、金は着実に積みあがっている。

しかし、時間がなくプライベートもないので、本間にぼっちで寂しい生活を送ってることを実感した。

 

このままダラダラしながら仕事してもな...

辞めようかなー

 

録画した騙された大賞をみながら思った瞬間だった。

 

さー明日は最後で帰宅かぁー

つら....もう終わりか、早いっす...。

 

続く

 

おすすめブログ

 

ihboxing223.hatenablog.com

 

 

sakuraseizousyo.hatenablog.com